#radimenia 1/23放送分より2

不要不急でしたが、湘南新宿の電車を利用して新宿まで出てました。
タワーレコードのお店へ行っただけでしたけど、収穫はありませんでした、往復で湘南新宿の電車を利用できてよかったかも知れません。

avatar_20190625003407.png


1/23付けの記事より。
M6 スフィア/藤田陽子【未来少年コナンⅡタイガアドベンチャー前期op】
去年深夜の時間にNHKで「コナン」がデジタルリマスターで放送されました。
勿論当時の物でしたが、タイトルロールを見ると声優さん関係で故人の方が目立つ様になりました。
あの当時テレビ作品に啓発されて、原作本を読んだことがありました、表紙はアニメの物だったのですが、中身はかなり違っていました。
当時宮崎駿氏は原作をそのままテレビ化することには難色を示していたという事でした。
此方もかなり換骨奪胎したものだったでしょうか。
M8 ふゆのないカレンダー/岡崎律子【OVA 一月にはChristmas mt】
早世した天才肌の作り手と言うと、私は真っ先に思い出すのが尾崎豊と岡崎律子さんです。
何時の時代も表現を生業にする人は短命な方が少なくないのですし、尾崎と律子さんの音楽の方向は明らかに違いますが、天才肌の作り手であった事には変わりないと思っています。
勿論年齢を重ねた二人の歌も聞いてみたかった思いもありますし、もし尾崎がアニメの歌を手掛ければどんな作品になったのか聞いてみたかったですね。
最近お子さんの裕哉さんも活動しているのですが、何かと親父さんと比較されてるのかもしれません。
もし律子さんにお子さんがいたら、どんな歌を歌うでしょうか。
M9 魔法使いサリー/朝川ひろ子【魔法使いサリーop】
「サリー」の最初のシリーズが放送されたのは’66年から’68年にかけての頃だったのですね。
当時主演したのは平井道子さん、第2作目は山本百合子さんで、その他のメインキャラクターを演じた皆さんも大幅に世代交代したにもかかわらず前作同様の人気を得たという事でした。
なお平井さんは’84年に48歳の若さで亡くなってしまいました。
此方の歌も当時のメロディーを生かしつつ、’80年代のアレンジに仕上がっていますね。
そして前作はスリー・グレイセスの皆さんが歌っていたのですね。
M11 冬のこもりうた/原田知世【すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコmt】
原田さんは’80年代に薬師丸ひろ子さん、渡辺典子さんとともに角川三人娘として売り出されていましたね。
お三方とも’80年代を代表するアイドルと言ってもよかったでしょうか。
薬師丸さんは私と同学年と言うことで、それなりに親近感もありました。
原田さんの母親役はどんなものでしょうか。

P.S.
此方の更新は明日から2/1まで休みます。
次回の更新は2/2~8の予定です。

#radimenia 1/23放送分より1

それと多数の「いいね!」をありがとうございました、今回も多数いただきましたので、この一文を以てお礼とかえさせていただきます。>ムサさま

avatar_20190625003407.png


1/23付けの記事より。
M1 ProudDays/NOW ON AIR【ムヒョとロージーの魔法律相談事務所2期ed】
’14年に「ウィザード・バリスターズ」が放送されましたが、これ以降弁護士さんと法曹関係の仕事が注目されつつある様ですね。
柳田理科雄さんが「空想科学シリーズ」を発売して以来「空想法律読本」など、文系、理系を問わずあの作品を社会的、科学的な目線で見ればどうなっていくかを見て行こうと言う動きも有る様ですね。
そんな中で「ムヒョとロージー」も「ウィザード・バリスターズ」も出てきたのではないかと思います。
同じ法曹人の人でも橋下徹氏の様な方は親近感は持てませんね。
M2 アクティブハート/酒井法子【トップをねらえ!mt】
主人公の名前がタカヤ・ノリコ、それを演じたのは日高のり子さん、テーマソングは酒井法子さんと、「のりこ」づくめで制作されていたと思います。
そしてタイトルが「トップガン」(原題「Top Gun」)と「エースをねらえ!」を引っかけたものでしたから、洒落っ気も多かったですよね。
後年酒井法子さんが薬物事件を引き起こして、芸能界から事実上身を引くことになってしまったのが悲しいです。
M3 ジャンボーグA/子門真人 荒川少年少女合唱団【ジャンボーグAop】
制作したのは円谷プロダクション、音楽が今や世界的な知名度を得た菊池俊輔氏。
子門さんは当時「谷あきら」名でテーマソングを手掛けていたのではないでしょうか。
「仮面ライダー」シリーズと「ウルトラマン」シリーズのファンを取り込もうとした意欲作と言ってもいいでしょうか。
なおメインプロデューサーを務めた淡豊昭氏が手掛けた作品は主人公が組織とは関係ない人物だったのですね。
そう言えば一昨年に石田信之さんが亡くなったとき、京太郎も三五郎さんも亡くなっちゃったんだな、と思いました。
M5 大都会PART IIテーマ/GAME
石原プロモーションが解散したということで、此方の曲がかかりましたが、全盛時代の石原プロモーションの代表作は「西部警察」を挙げる方が多いでしょうか。
派手に車(但し中古車)を壊しまくる、お金のかかった作品を作っていたこと、男性キャラをメインにした野性味あふれるドラマ作りも人気だったのですね。
もしその当時のノリで、実写の「パトレイバー」を作ればどうなっていったでしょうか。

#radimenia 岩ちゃんへのRES

ちょっと遅れましたが、12/31は実家からアクセス出来ませんでしたので・・・。

avatar_20190625003407.png


今年もありがとうございます。 投稿者:岩崎和夫  投稿日:2020年12月31日(木)23時06分45秒 削除
私は仕事の性格からして、事務所に出社しないと仕事が出来ません。
何せ伝票を見ないといけないからなのです。
岩ちゃん達もラジオ関西のスタジオに出社しないとハガキやE-mailをチェックできないのかもしれませんね、それが12/31の夜まで選曲にかかっていたとの事でしたけど。
基本的にラジオ番組は通常の番組は正月3が日の間でも通常通り放送されることが多いですね。
むしろ昼間の番組が正月の編成になることが多いみたいですけど。
紅白に出場したLisaさん、アニメの歌がレコ大を制したのはあの「おどるポンポコリン」以来だったと思います。
ここ数年某有名作詞家が売り出している女の子たちの天下だったような気がしますが、あの「鬼滅の刃」があれだけヒットしましたから、当然というなら当然の流れだったかもしれませんね。
ただ原作の方は去年の5月に連載は終了しているとのことですが、それでも根強い人気があったという事でしょう。
どうも「少年ジャンプ」の作品がアニメになった場合原作の連載が終了しても、アニメ作品の方はしばらく継続されることが多いと思います。
「Dr.スランプ」も「ドラゴンボール」もそうでした。
「ドラゴンボール」の場合原作は中途半端な終わり方だったと思いましたが、アニメの方はむしろすっきりした(?)終わり方だったと思いましたね。
(噂によれば作者の鳥山明さんが編集者に無理に描かされていたとも言われていますし、「少年ジャンプ」が昔から採用している読者アンケート至上主義の弊害とも言われています)
今回のテーマは「フリー」、事実上縛りはないということですので、新しい作品からのリクエストも増えてくるでしょう。
どんな曲がかかってくるでしょうか。

まだまだ非常事態

近所の松屋さんも店内の飲食のオーダーを19:40で打ち切り、それ以降はテイクアウトのオーダーのみ受け付けることになりました。

avatar_20190625003407.png
それで過去に2度そのテイクアウトサービスを利用してみたのですが、結構嵩張るのですよね。
それで食べてから近所のごみ収集の籠に捨てに行かないと、家のごみ箱が満杯になってしまいます、それとか今後は川崎市内へ寄る場合は晩飯は家で食べるようにしないといけないでしょう。
それに都内のお店は19時には閉めるお店が多いですから、仮に定時で仕事を終えても電車に乗るのは18時になりますし、閉店時間ギリギリにお店に着くことになってしまいますので、都内のお店に行くのは土日休日になってしまうでしょう。
これは私も割り切れるかもしれません。
そうなると平日の退勤後は横浜市内か川崎市内のお店しか寄ることは出来ないでしょうね。
それまで私は20時ごろに飯にしていましたが、今後は30分程度早める必要がありそうです、JRも深夜の電車の本数を減らすとの事ですから、やむをえません。
一応新年会は(ぼっちでしたけど)横浜駅のメイドカフェでやっちゃいましたし、2月初めまで飲むのは我慢した方がいいでしょう。
前はブログ記事は午前0時を挟んだ時間にアップしていましたが、今後は割と早い時間でも書けるでしょうか。
テレワークが推奨されるようになってもう1年近くなろうとしております、同じ部署の人と顔を合わせることも少なくなりました、中にはもう半年以上も会っていない人もいます。
事務所にも10人いればいい方です。
しかし私は事務所に出ないと仕事が出来ません、テレワーク推奨であるにもかかわらず、伝票を見ないといけないからです、「仕事が早い」と言ってくれる人がいまして、それは励みになりますが、いつうつされるか判らない状態でもあります。
電車の中ではマスクをした人も多く、私もマスクをしていますので、すぐにはうつされることはないでしょう。
でもいくら注意していても何処に隙間があるのかわからないのが人間ですから、うつされたらどうしようという思いもあります。
兎に角無意味な残業はしたくないものです。

相変わらず非常事態

今回から「ポチっと!ボタン」が無くなりました、@NIFTYのサイトが廃止した為です。

avatar_20190625003407.png
再び簿緊急事態宣言が発令されて、都内のお店は19時で閉店する店が増えました。
そのため私の勤め先からは定時に仕事を終えてもお店には間に合いません、アニメイトのお店も、とらのあなのお店も、都内の店は平日には行けなくなりましたね。
寂しいものです、悲しいものです。
そうすると横浜市内か川崎市内のお店で我慢するしかないですね、しかし都内のお店と比べれば品ぞろえが見劣りする場合が多いですね、アニメイトやとらのあなもそうですが、ダイソーのお店もそうです。
横浜駅西口にそのダイソーがあるのですが、ある時洗濯籠を探そうと店をあちこち探してみたのですが、私の眼鏡にかなうものはありませんでした。
それで日曜日に錦糸町まで出たのです。
アルカキットのビルの中になる店へ行ったのですが、あるわ、あるわ。
使い勝手が良さそうなものが多すぎて、すぐには決められませんでしたね、なんで洗濯籠を探してたのかと言うと、名古屋で暮らしていたときに豊橋で買った洗濯籠が古くなって、針金が露出して危ない感じだったからなのですが、なかなか理想的と言うか、私の使い勝手に合うものが見つからなかったのです。
今回買ったのは豊橋で買ったものと比べれば高さは悪くないですが、底面積が小さかった所為で、2個買わざるを得なかったのです。
でも布製で、頑丈な感じだったので、2つ買うことにしました。
アパートにあるコインランドリーは1台が300円で、7Kg洗えるものがあります、私は週に1度しか洗濯ができないので、利用するとすれば300円使って一気に済ませたいのですよね。
今回から2つの洗濯籠で7kg分になりそうです。
一人暮らしをしている年月も長くなりました、一人暮らしを始めたばかりの時に買った家電製品が何度か交代しました。
ミニコンポは2代目、電気ポットも2代目、パソコンに至っては3代目ですし、実家から持ってきたTOWNSは廃棄しました。
これから何が交代するでしょうか。

#radimenia 1/9放送分より2

ポチッとよろしく!
先ずはツイートへのお返事ありがとうございました。>武虎さま&かおりん
avatar_20190625003407.png
以下「青春ラジメニア」公式ブログより。

1/9付けの記事より。
M4 たいたいづくし/国本武春【クマのぷー太郎op】
浪曲をやっている方とアニメの声優とは意外とつながりがあるようでして、かつて2代目の相模太郎さんが’「怪物くん」のフランケンを演じていたり、玉川良一さんが「ワンサくん」において浪曲調のナレーションを披露してくださっていたことがありました。
浪曲は落語の様に立川談志さんの様な方がテレビでうまく立ち回ったのに比べて、やや遅れをとったとも言われていますが、国本さんは上手くR&Bやブルーグラスと言った取り入れて人気を盛り返したといわれていますね。
そしてEテレでの「にほんごであそぼ」での活躍があったのですね。
残念ながら5年前に55歳の若さで亡くなってしまったのですが、もし御存命なら今年の誕生日で還暦だったのですね。
どんな境地を開いておられたでしょうか。
M6 さびしんぼう/富田靖子
【さびしんぼうmt】
いわゆる「尾道三部作」の一つですが、此方は富田靖子さんの出世作と言うべきでしょう。
そういえば大林宜彦氏の映画のテーマソングはこれ以外にもクラシックの曲に日本語の歌詞をつけた歌がありますね。
此方はショパンの曲でしたが。
M8 おれはハーロック/水木一郎【わが青春のアルカディア無限軌道SSXin】
去年は「スーパーロボット」ライブの春公演が取りやめになり、夏に延期されましたが、開演直前になってミッチ姉さんが発熱し、急遽出演を取りやめる事態になりました。
「アニメ・ジャパン・フェス」の夏公演も取り止めになりました。
先週末から都内でのウィルス感染者が1000人をオーバーするなどまだ流行の終息が見えない状態で、春以降のステージの案内も未だ届いていません。
どうなっていくでしょうか。

P.S.
此方の更新は明日から1/18まで休みます。
次回の更新は1/19~25の予定です。

#radimenia 1/9放送分より1

ポチッとよろしく!
     ↑
此方のマークも今回を入れてあと2回です、理由は以下の通りです。
(>https://niftygame.cocolog-nifty.com/faq/2020/12/post-7bef6e.html
あとツィートへの「いいね!」をありがとうございました。>ムサ様

avatar_20190625003407.png


1/9付けの記事より。
M1 がんばって/三重野瞳【超魔神英雄伝ワタルed】
M7 未確認GIRL 〈GoodInocentRibbonLady〉/林原めぐみ【OVA ARIEL VISUAL1 SCEBAI最大の危機 前編mt】
瞳さんは最近「赤尾でこ」のペンネームで脚本も書いておられるとのことですが、上手くいけばジェームス三木氏の様な大作家を目指しているとか?
「ワタル」シリーズとはご縁がなかったですが、関西では早朝アニメだったでしょうか。
それと「ワタル」シリーズは林原めぐみさんの出世作と言うより代表作の一つと言っていい作品だと思います。
(個人的にはめぐ姉の出世作は「スレイヤーズ」でのリナ=インバースだと思っています)
それと「東京BOOGIE NIGHT」内で3/30にめぐ姉の活動30周年記念のCDが発売になるとの発表があったのですね。
どんなアルバムになるでしょうか。
それと作品のタイトルは「エリアル」ですね、「アリエル(アリエール?)」だったら洗剤の商品名ですね。
M2 土俵の鬼/森進一【土俵の鬼たちmt】
モデルになったのはあの若貴兄弟の伯父でもある初代の若乃花だったそうです。
(若貴兄弟の若乃花は三代目のはずです)
’90年の作品だそうですから、森さんの様な方が歌を手掛けていてもおかしくはなかったかも知れません。
最近森さんはお子さんも活躍されているそうですね。
作品には後年プロレスブームを巻き起こした兄弟子の力道山を荒勢氏が演じていたのですね。

ツイッターのタイムラインより

ポチッとよろしく!
      ↑
この「ポチっとボタン」ももうすぐ無くなります。


avatar_20190625003407.png

11月の真ん中にリフレッシュ休暇を貰って、名古屋で1泊した後実家へ帰って、そして年末年始の休暇でまた名古屋で元上司と忘年会をやった後実家へ帰省しておりました。
ところが11月に自宅に帰って数日後にPCが故障しました。
それでそのパソコンが故障していたことに関して以下のやり取りがありました。
今の横浜の家は半分地下に部屋がある感じなので、AM波の放送が入りにくい感じですね、FM波はテレビのアンテナでも入るのですが、5年前に地元のケーブルテレビに入会したので、FMは以前よりましになりました。
まだAM波の放送は入りにくいですが。
それでAM波の放送はパソコンで聞くことが多くなってしまったのです、勿論エリア外のラジオ番組はRadikoプレミアム頼みです。
それで夜にラジオを聞く時はブラウザを立ち上げて、NHKは「らじるらじる」、民放はRadikoで聞くようになってしまいましたね。
それでいつも名古屋で宿泊する際に定宿にしているホテルにもいよいよネットが入ったとのことで、LANケーブルにパソコンをつなげばすぐにネットとつながる様になりました。
おかげで帰省する際や旅行する際はラジオを帯同させる必要がなくなったと思いますが、念のために、持参しておくのがいいでしょう。
兎に角パソコンが故障していた間私はつくづくネットにどっぷりはまり込んでいたのだなってことが分かりました。
ネットもだらだらやっていると大人でも子供でも心身によくないと言われていますね、兎に角やり過ぎから離れることが出来てよかったかも知れません。

#radimenia 1/2放送分より

ポチッとよろしく!
以下「青春ラジメニア」公式ブログより。

avatar_20190625003407.png
1/2付の記事より。
M5 時の河を越えて〜M37/サントラ 田中公平【トップをねらえ!BGM】
OAV作品がリリースされた当時は結構洒落心があると思いましたね、「エースをねらえ!」にアイドルだった酒井法子さんに「トップガン」、主演していた日高のり子さん・・・。
それに同じタイトルの歌が「ハイスク~ル!奇面組」のテーマソングにもありましたね。
一体どういう狙いだったのでしょうか。
M6 ああ甲子園/日唱【ドカベンin】
先だってコミック作家としての活動を終えると発表した水島新司氏でしたが、デビューしてしばらくはあの伝説のコメディ「てなもんや三度笠」のコミカライズ版も手掛けていたのですね。
最初水島氏のアニメ作品を見たのは「男どアホウ甲子園」だったと思います、おそらく小学校の低学年以前と思います。
もうご高齢ですし、社会からリタイヤしてもおかしくない年齢ですし、ごゆっくりお過ごしになってもいいのではないかと思いますね。
そういえば水島氏は「ドカベン」の山田太郎をホークスに入れるつもりだった様ですが、もし岩鬼正美を他所のチームに入れたら迷惑をかけまわって、なにも反省しないだろうと思い、結局岩鬼をホークスへ入れたとの旨で語っていたことがありました。
M8 悪魔の猛牛(バッファローマンのテーマ)/宮内タカユキ セリフ佐藤正治【キン肉マンから】
「キン肉マン」でバッファローマンを演じたのは佐藤正治さんでしたが、佐藤さんが歌っていたのではなかったですね。
宮内さんはまだステージではこの歌を披露していなかったと思いますが、出来るものなら宮内さんのこの歌をステージで聞いてみたいと思いました。
M10 じゃりん子チエ/ビジーフォー【映画 じゃりん子チエmt】
元はグッチ裕三さん、モト冬樹さんが中心になって結成されたバンドだったとのことですが、後年ものまね大会などでも優勝したり、メンバーがタレントとして活動する様になったのですね。
元メンバーのウガンダ・トラさんがすでに故人になってしまったのが残念ですが、後年「おれは直角」のテーマソングも手掛けていたのですね。

P.S.
今回はパソコンの故障や、実家での回線の不調などがあり、変則日程でブログを更新することになりました。
当ブログは今回は本日より1/11の予定で更新します。
それとツィートへのお返事ありがとうございました。>かおりん
(全体のやりとり>https://twitter.com/kaorin625/status/1345708720517308416