金目教

折角の休日なので、記事でも書くとしましょう。
ここ数日間の私のツィートに沢山反応がありました。

avatar_20190625003407.png

先ずは沢山の「いいね!」をありがとうございました。
今回のツイートは「赤影」の最初のシリーズに絡んでなのですが、実写版のシリーズの最初のエピソードは「金目教編」だったでしょうか。
後年アニメでリメイクされた「赤影」にも「金目教編」がありましたが、私はどちらかと言えば怪獣が出てくるエピソードが好きでした。
どうも最近宗教の勧誘を断る場合ありもしない宗教の名を利用される人も珍しくないそうで、コミック作家のみうらじゅん氏は「金目教を信じている」と逃げ口上を使っているとのことです。
既存の主教法人はあまり積極的な勧誘はしていない所も少なくないですが、未だしつこく勧誘してくる所もあるそうですね。
ほかの宗教法人に勧誘された際の逃げ口上に「金目教」を利用する人もいらっしゃると聞いたので、一度「金目教」で検索をかけてみたのですが、どうも「赤影」しかヒットしませんし、勧誘からの逃げ口上にその「金目教」を出す人もあまりいらっしゃらない様です。
また「甲賀幻妖斎先生の教えを信じております」と仰る方もいらっしゃらない様です。
私は仏門大学を出ましたので、勧誘を断る際はその宗教の名前を出しております。
元々宗教は人の良心を扱うものですから、権力と対立して、恐ろしい目に遭った宗教家も多いですし、逆に権力と結びついて腐敗した宗教家も居ました、恐ろしい事件を起こした宗教もありました。
政治を標榜する所もあります。
芸術も宗教も人の心を扱うことが多いですから、当然政治に文句を言う処も少なくありません。
私の出た大学も私の在学中に「神祇不拝」を掲げて昭和天皇が危篤になった際の自粛ムードに抗議しようという動きもありましたし、戦時中の事を反省しようという動きもありました。
これも歴史のある大学所以でしょうか。
現在のコロナ禍の中我が母校はどう動いでいくでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント