今月最後の記事になるでしょう

と言っても、ブログを閉鎖するわけではありません。

avatar_20190625003407.png

先日ラジメニアの番組の最中にタイムラインで以下のやり取りがありました。
先ずは多数の「いいね!」と返信をありがとうございました。
常日頃から私の発言を捕まえて傲慢だの尊大だのと仰る方が多数いらっしゃる中、私の思いを理解していただけた事を嬉しく思います。
私は今は体を動かすのは嫌いではないのですが、スポーツは嫌いで、離れてしまっているのですが、元剣道部に居た者として腹立たしい思いをしました。
ウィンタースポーツも経費が掛かる所為で、金持ちみたいな人しか出来ないスポーツだと言われていますが、剣道も防具や竹刀などでお金がかかります。
ですから小学校時代の町内の道場の先生からも、高校時代の担任からも防具を粗末にするなと度々教わりました。
なのになんで剣道の道具である竹刀を体罰やシゴキの道具にすることが罷り通っていたのか、疑問を感じていました。
野球のバットも罷り間違えば凶器にもなりかねないですが、竹刀でも打ち所が悪かったら命に係わる事態にもなりますし、中学生以下の剣道の試合では突き技は禁止されています。
それとか試合中に打突の際に、竹刀の破片が目に刺さって、その破片が脳にまで達して、結果として死亡事故につながったこともあります。
中学校以上で毎日稽古しているとなると、竹刀が破損していないか注意していた人も多かったはずです、兎に角、竹刀で打突すれば怪我をするのは相手なのですから、注意しろと度々教わりました。
ですから竹刀をシゴキの道具にするなんて論外としか言いようがありません。
今私ははスポーツから離れていますが、例えば野球道具を犯罪に使う様な奴には腹が立ちますし、竹刀をシゴキの道具にする奴にも怒りを覚えます、文中の空手もケンカの道具ではありません。
と言っても、オタクであることを自認している私がこんなことを記事にしても説得力があるか分かりません、何せオタクは現実を欠いているとよく言われてますからね。
どう説得すべきでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント