たくさんの「いいね!」をありがとうございました

どうやらコロナ禍のリバウンドが本格化し始めてますね。
私の田舎と、その近所の大阪と京都、奈良も感染の拡大が起こっておりますから、今年のゴールデンウィークの帰省は断念せざるを得ない可能性が出てきています。
折角列車の中で聞くCDをいくつも買ったのですけどね。

avatar_20190625003407.png
ここ数日のツイートにいくつか「いいね!」を頂きました。
まず1つ目に
(>https://twitter.com/eccshigetaka/status/1381269362774929412
初めて岡崎勝氏の書いた本に触れたのは大学時代に「体育教師をブっとばせ!」を読んでからでした。
その奥付けに’88年に名古屋に誘致されるはずだったオリンピック大会の問題点を書いた「反オリンピック宣言」と「告発1988名古屋オリンピック」がありました。
大学に入った当時はなぜオリンピックに問題があったのか分からなかったのですが、先述の「体育教師をブっとばせ!」を読み進めるうちに何となく体育の問題点が見えてきた感じだったので、出版元にはがきを送り、その本を大学生協にて買う事にしました。
(出版元のサイト>http://www.mb.ccnw.ne.jp/doi1206/the%20institute%20of%20sport%20and%20liberty.htm
上記のサイトには大学時代に読んだ懐かしい本がいくつもありました。
兎に角私がネットで尊大で傲慢な発言を繰り返していると仰る方が少なくない中で、私の思いを理解していただけた事を嬉しく思います。
兎に角東京オリンピックはやらない方がいいでしょう。
もう一つちょっと長いツィートになりましたが、此方にも「いいね!」を頂けました、ありがとうございます。
(>https://twitter.com/eccshigetaka/status/1381654039058767875
所謂撮り鉄と言われる皆さんの中の一部の連中がいい写真を撮りたい為にあちこちで問題行動をしていると報じられておりますし、それに腹を立てる気持ちも分からなくはありません。
しかし意趣返し、報復の類でもやり方によっては犯罪行為になりますし、そもそも今日日本の国では自力救済(かたき討ち他)は固く禁じられております。
(私に向かって国益云々を語って来られる皆さんはその辺をご存じないですね、高校までの教育を受けていないから当然と言うなら当然でしょう)
その撮り鉄の撮影を妨害する所謂撮り鉄キラーと呼ばれる皆さんもいい加減暴走気味の様ですね。
もし窓から手や顔を出した場合隣の線路を走る列車や、架線柱などに顔や手をぶつけた場合重大な結果を引き起こすことになります。
頭をぶつければ最悪命を落としますし、植物人間になってしまったケースも聞いています、手をぶつけた場合手を失うことになります。
そんな傷や障がいを負ったり、または命を失う結果を引き起こしても情けない撮り鉄から嘲笑されるだけでしょう。
ほんとに想像力が無さすぎますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント