3/30放送分より2

現在私は「ニコッとタウン」でもブログをやっておりますが、其方のブログもタイトルを変更いたしました。
今は無き「アニメ玉手箱」のファンジン(会報)から取りました。
それと「MEL-TAMA」の現在のブログトップは概ね6月一杯まで続ける予定です。


以下「青春ラジメニア」公式ブログより。

8時台の9曲目は「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」のBGMですが、こう言うのを見ていると怪獣映画もスーパー戦隊シリーズもウルトラシリーズも神話や童話、伝統芸能の上に成り立っているのかなと思いますね。例えばストーリーや設定は全く違いますが、「サンダ対ガイラ」も「海彦山彦」の神話だそうですから。
10曲目の「ネバーエンディングストーリー」。原作はミヒャエル=エンデの児童向け小説ですが、エンデの小説はかつて「ジムボタン」がアニメになっていたのですよね。
エンデは親日家で、奥さんが日本人だったとのことです。
11曲目の「チャニメのうた2010」。「ラジメニア」の歌と並んで所謂「アニラジ」の番組のテーマソングの名作と言える曲になっていると思われます。残念ながら栃木放送は南関東では聞きとり難いです。
(RADIKOにも現在参加していません)
当初チャラと聞いて、あのCHARAがアニメの番組をやっているのかとばかり思っていましたが、高瀬美子さんの事だったのですね。高瀬さんは岩崎さん同様かつては栃木放送の曲アナだったそうですが、現在はフリーのアナウンサーとの事です。
9時台の「メルたまリクエスト」のテーマは「たまご」でした。
今回は影さんのあの歌はかかる事は予想していましたが、P.N.を読んでもらえるかどうか判らなかったので、敢えて外して、「かいけつタマゴン」からリクエストしましたが、見事にボツでした。
(ひょっとしたら音源が無かったのかも知れません)
その予想通りかかった17曲目の「ココロはタマゴ」。「鳥人戦隊ジェットマン」のEDでしたが、AJFでも定番になっておりますね。
16曲目の「ダンシング・ジャンク」。「忍たま乱太郎」からかかりましたが、原作のコミックのタイトルは「落第忍者乱太郎」でしたが、放送禁止用語があると言う事で「忍者のたまご」に変更。それを略して「忍たま」になったそうですね。
なお原作者の尼子騒兵衛さんは戦国大名の尼子氏とは関係ないとの事です。
22曲目の「Friendship~for 好きっていいなよ。」。オリジナルは「ラブひな」の劇中曲だったそうですが、その曲のアレンジを変えて「好きっていいなよ」に起用されたそうですね。アニメの歌については、他の作品と互換出来る歌と、出来ない歌。どちらがアニメの歌として好ましいかは見方が分かれますが、こう言う形でいい歌が復刻されるのも悪くないと思います。
「ラブひな」にせよ、「好きなよ」にせよ、私はこの歌が作品世界を正確に描写していることは間違いないと思っております。

P.S.
明日から4/8まで此方の更新は休みます。次回の更新は4/9~4/15を予定しております。





すべてはこの夜に
インターコミュニケーションズ
イメージ・アルバム

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by すべてはこの夜に の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

となりのトトロ サウンドトラック集
徳間ジャパンコミュニケーションズ
サントラ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by となりのトトロ サウンドトラック集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

TVアニメ『黒子のバスケ』キャラクターソング SOLO SERIES Vol.3 黄瀬涼太
ランティス
黄瀬涼太( CV.木村良平)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TVアニメ『黒子のバスケ』キャラクターソング SOLO SERIES Vol.3 黄瀬涼太 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック
ERJ
TVサントラ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック
EMIミュージックジャパン
イメージ・アルバム

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック