折角の休日だし記事でも書きましょう

ポチッとよろしく!

前回の記事では画像を貼り忘れました。

avatar_20190616110054.png
ツイッターアプリの「診断メーカー」をめぐって以下のやり取りがありました。
(>https://twitter.com/eccshigetaka/status/1256853208380477441
今回私はハクトウワシだったとの事ですが、ハクトウワシはアメリカの国を象徴する鳥なのですよね。
紙幣にも載っていますし、冷戦時代は「我々の後ろには巨大な鷲がいて、奴ら後ろには巨大な熊がいる」と言う言い方もあったそうです。
それとか戦闘機などの名前も猛禽類の名前が多いですね、猛禽類は強さと速さを象徴する生き物と見られる事が少なくないですから。
あと「鬼太郎」と「ベム」で以下のやり取りがありました。
(1.>https://twitter.com/eccshigetaka/status/1256993145792786432
(2.>https://twitter.com/eccshigetaka/status/1256847996349591552
「鬼太郎」のイラストですが、最終話で犬山まなは記憶を失ってしまうのですが、大人になって、鬼太郎たちに再会した時に記憶を取り戻していたのですよね。
イラストでは大人の女性らしい感じです。
さて今回の「鬼太郎」の歌に関してですが、アーティストがそれぞれの解釈で「鬼太郎」の世界を描写しているのが良かったと思います。
まねきケチャの皆さんが2度手掛けていますから、7組のアーティストが起用されてますが、見事に他の作品と互換できる歌と、出来ない歌に分かれていると思います。
まねきケチャとBUCk-TICK、go!go!vanillas、SCANDALの歌が前者、レキシと氷川さん、スタレビの歌が後者でしょう。
あと「ベム」についてですが、もしタレントに例えたらと思っていました。
ただベロに関しては子役タレントに疎かったので、なかなかイメージがわかなかったのですよね。
ベラの場合前作より明らかに若返った感じでしたから、私と同世代の方と、現在アイドルやってる女の子くらいの差があると思いましたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック