マーコット

柑橘類は結構ビタミンCがいいと言われていますね。

avatar_20190625003407.png
最近ツイッターのタイムラインで以下のやり取りがありました。
(>https://twitter.com/eccshigetaka/status/1376547368959500292
先ずは多数の「いいね!」をありがとうございました。
日ごろから私のタイムラインでの発言を尊大だの傲慢だのと仰る方が少なくない中で、私の思いを理解していただいていた方がいらっしゃった事を嬉しく思います。
マーコットは日本産の温州ミカンと同じ感覚で食べることが出来ますね、「手で皮がむける」とシールがありましたので、ひょっとしたら何かの柑橘類を品種改良したものだったのでしょうか。
品種改良は時間がかかりますから、長年の苦労の作と言えると思いますが。
ネーブルは味はいいのですが、手で皮がむきにくいのが玉に瑕と言う感じです。
後皮をむいた後手が果汁でギトギトになるのもちょっと閉口します。
柑橘類は酸っぱい味のものが多いのですが、あまり酸味のきついものは料理用に回されたりしていますね。
(その例、スダチ、レモン他)
あまり酸味のきついものは内臓を痛める恐れもありますから、そのまま食べるのはやめた方がいいでしょう。
以前にアメリカ産のオレンジを輸入する際に日本産の甘夏がダメージを受けると言った論争があったと思いますが、甘夏とオレンジは同じ柑橘類と言っても全く別の果物ですね。
日本産のミカンも英語ではORANGEと十把一絡げに訳されていますが、日本産の柑橘類もハッサクがあれば、温州ミカンもありますし、ボンタンもあります。
同じ外国産の柑橘類でもグレープフルーツとマーコットも全く味わいが違いますから。
柑橘類も結構多様なものですね。
ただ食べ過ぎると糖が元で肥満の原因にもなる恐れもありますし、ビタミンCも水溶性が高いので、体外に排泄されてしまうことがありますから、注意した方がいいかも知れませんね。